家族葬の向き不向き

家族葬にはメリットもあればデメリットもあり、条件によっては適した家族と適していない家族、あるいは選択する事ができる家族と選択する事ができない家族があると言います。もし家族葬の選択を検討されているのであればまずは本当にその選択が故人、遺族、そして関係者にとって最適なものかを吟味しましょう。


家族葬と弔問数

まず家族葬は基本的に親しい間柄の人のみで行われはするものの、後で故人の死を知ったという方は必ず出てきますし、間柄によっては予めあるいは葬儀後に葬儀を身内だけで行う事を書面などで伝えるといったケースもあるといいます。ただ家族葬の基本は故人の死を内緒にする事が目的なのではなく、静かに故人を見送るのが目的である為原則弔問は快く受け入れるのがマナーです。ただあまりにも弔問に訪れる人が多くなると、そもそも普通の葬儀でよかったのではという話になりかねませんし、遺族の方も同じような話を何人にもしなくてはいけない為かえって心労になる事もあると言います。まずもし通常通りの葬儀を開いた場合参列者はどのくらいの規模になるかは確認しておきましょう。


あくまで故人の為である事

また当然ですが身内だけで故人を送る事に納得の行き辛い親族の方も少なからず存在します。その為家族葬はまず何よりも故人の為を思っての事である、あるいは故人の意思である事が大切です。その為弔問数が少なくなる見込みで生前特に身内だけで送る事を反対していなかったというのが最低限の条件になります。

家族葬とお金の話

故人を前にお金の話というのはあまり褒められた事ではないでしょう、しかし事実葬儀には何かと費用がかかるものです。家族葬はそんな親族の経済的負担を軽減する意味でも今注目されています。もちろん前述の通り葬儀代を安くする為だけに家族葬を選ぶのはあまりお勧めではありませんしトラブルの元にもなります。ただ自分の死後遺族に苦労をかけたくないというのもまた故人の意思としては一般的な物ですし、決して経済的理由から家族葬を選ぶ方がいないわけではありません。


家族葬が経済的な理由

家族葬はまず参列者の数が一般的には少ないので小規模な葬儀場でも事足ります。その為葬儀場の利用料や手配料といった経費が比較的少額になります。また同様に参列者の数が読めない事から多めに用意される香典返しや通夜振舞いも身内や家族だけで行うのであればある程度人数が明らかである為少なく、また無駄なく用意する事が可能です。


家族によってはかえってお金がかかる場合も

ただ一つ注意しなくてはいけないのは家族葬という形式を取ると参列者がほぼ親族に限られる為香典が全く見込めないという点です。通常葬儀にかかる費用はある程度香典から賄うのが一般的ですが、身内のみで葬儀を行う場合香典を充にできない事もあり場合によっては一時的に普通の葬儀より出費が多くなる事があります。後の弔問などを考慮すると葬儀にかかる料金自体は安くなっているので経済的な事には変わりないのですが、持ち合わせや貯金、保険次第では気を付ける必要が出てきます。